2005年3月31日

こりゃあいいね! >KONTAKT2

 その後も色々試しております。なんか最初はかなり複雑になったような印象だったのですが、随所において使いやすくなったって感じで、概ね好印象です。新たに付属されてきたライブラリも、さすがにもともとが高いだけあってVSL関係はかなり使える音(Vienna関係は持ってないんですよ)で、もっと色々ついてたらなぁ…と思える音でした。まあ、実際に使ってみるとどうだかは分からないけど、質感としてはなかなかよく録れてるなあ…って感じで。

 まあそれよりも、特筆すべきは新たに加わった「KONTAKT Script Processor」かなあ。ちょっとした音源の切り替えや、アルペジオ、オートコードなどの機能をスクリプトで書いて制御出来るという、さすが次世代ソフトサンプラーと噂されるだけのことはありますですな。アイディア次第で色々と遊べそうな感じです。まだ英語のマニュアルしかないのでちゃんと書式とかみてませんが、こりゃちょっと研究するだけの価値有りそうです。

 良いことばかり書いてますが、ちょっとこれは…ってところもあります。新たに加わったFXの「Convolution effect」が入ったインストが、うちの環境ではブツブツ言ってまともに音が出ません。CPUメーターが振り切れてるわけでもないのに、ブツブツ途切れて現時点では使い物になりません。コレは相当速いマシンが必須となるんでしょうかねぇ? 今 NI ではこの部分の改良モディファイというか、もっと軽くなるようにリファインをしている最中らしいですが、かなり大幅に書き替えないと結局G5 2G Dual以上じゃないとまともに使えないとか、そんな感じなのかも知れませぬ。うぬぅ、マシン買い換えの後押しソフトとなるか!?(^_^;

 まあ、それを除いても、何しろ他がことごとく使いやすくなっています。今のところ上に書いたこと以外ではこれといった不具合も無いみたいですし。新たに買うには7万以上となかなか思い切りが必要ではありまするが、数万でアップグレード出来る環境にいる方には、「とりあえず上げとけ!」と、お薦め出来る一品でありました。
 

2005年3月28日

続いてコイツが届いた>NI Kontakt2

Kon2.jpg というわけで、ひとまずこれが最後かな? ご存じNative Instrumentsのソフトサンプラー、Kontakt 2 です。確か日本では4/2発売となっていたと思いますが、一足先にアップグレード版がドイツから直送されました。直送はいいんですけど、普通〜の封筒で送られてきて、しかも、封筒の窓からは住所の一部しか見えないという恐ろしさ(笑)。良く届いたよなあ〜って感じです。郵便番号も見えてないし、町名、番地なども封筒の窓から隠れていて、建物名と市、区だけで届いたって感じ。まぁ〜アレですね、日本の郵便局は偉いよなあ〜と。

 今後も無事に届くかどうか怖くなったので、早速NIのレジストページに行って、小さな窓からでも見えるように短縮形に書き換えておきました。まだもう1つ2つアップグレードがあることを信じて。てかさ、印刷する住所欄のフォントをもっと小さくすれば収まるのにさ……。>NIの担当さん

 さて、ただ今ライブラリをコピーするべくライブラリ用のディスクスペースを綺麗にしているところです。送られてきたメディアは1枚のインストールCD-ROMと、新しくなったライブラリは2層DVD-ROM2枚と計3枚。ほんと〜に普通に封筒に書類と一緒に入れられて送られてきましたよ。怖いねぇ。ヤフオクなんかでこうやって送られてきたら、きっと「評価悪い」にしますよ(笑)。しかも、海外からだし。

 で、ライブラリの方はインストール後は容量が15GBになりそうです。いよいよ、160GB分のサウンドライブラリ用のディスクスペースも残り僅か(Kon2を入れたら残り9GBになっちゃいます)ということで、今後サンプルタンク2XLやTOONTRACKの新しいドラムキットを導入するには、HDDを別に買い足さないといけないかも…。それか、バックアップ用のデータスペースを潰してサウンドライブラリ用にしちゃうかですな。いずれにしろ、面倒くさいことになっちゃいそうです…。

 肝心の音の方はまだ未チェックですので、何か思うことが有ればまた追加で書き込みます。
 

2005年3月22日

もういっちょ

1.jpg これは一昨日届きました。前回書きましたIK Multimedia社のSonik Synth 2。Sonic Synthからのクロスアップグレード版です。やっぱり安いんで買っちゃいました。$399のところがなんと$199でした。送料もかからなかったので実質この値段。お得だなぁ。あれこれ音を聴いてますが、8GB分のライブラリから、使える音は…う〜ん、こりゃ半分くらいって感じかなぁ?

 なんだか、妙にか細い音が多めなのが気になりまする。まぁ、元々の音というより最終的な出音の帯域的な話なのかもしれませんですが。でもなんか、サンプルタンクエンジンで出す音の傾向の様な気もしないではないけど…。ライブラリのフォーマットが独自なので、例えばREASONのNN-XTサンプラーで出す音とKONTAKTで出す音の違いとか、そういう風には比べたことがないので、ハッキリとしたことは言えないですけども、全体的に共通する独特の中域の痩せ感があります。なんか深みがないというかね。オケに埋もれそうな予感がするとです・・・。

 でもまぁ、使える音もしっかりあるので、色々と探してみようと思いまする。

 あ、てな事言ってる間に、もうすぐKONTAKT2も届きそうな予感が。ライブラリ、増えてないかな? パッと見、かなり便利になっていそうな気がしてますが…果たして。
 

2005年3月11日

アップグレード目白押し

kc2005_card.jpg ということで、最近年度末だからか(?)ソフトシンセなどのアップグレードが多いのよね。最近一気に届いたので、ソフト自体の検証やら、増えたライブラリの音色チェックやらでMacにかじりついていることが多いワタクシであります。まずはNative Instruments社の「KOMPLETE CARE 2005」。これは2/28までに申し込む『KOMPLETE CARE 2005 Special Pre-Launch Offer』という期間限定版で、去年リリースされたBattery2とAbsynth3のアップグレードが含まれた、今年いっぱいのメジャーアップグレードの権利を買うもの。実際は、上記2種のインストーラーと登録証、そして写真のようなカードが送られてきました。お値段は通常版と比べて5000円ほどしか変わらないからそれなりにお得でしょうね。

 今年中にKontakt2のメジャアップグレードが既に発表されていますし、バッテリー2はあんまり使ってないのでアレとしても、アブシンセもコンタクトも外せないソフトシンセなので迷わず購入であります。あとはReaktorとIntaktがアップグレードされたらいう事無いな。というか、ライブラリだけでもいいから(笑)。


RSN3.0.jpg お次はリーズン3。これは今日届きましたが、インストール(従来と違いただドラッグ&コピーするだけでお手軽)してざっとデモを聴いたり、簡単な動作チェックをしたところです。音は変わったかどうかは良く分からないけど、ブラウザが非常に便利になってました。つか、今までがかなり不便だったわけですが…。ライブラリも、ちょこっと増えてます。どうせなら、もっとドカッと増えててくれると非常に満足度が高かったわけですが、まぁ、こちらはアップグレード料金も比較的リーズナブルな感じでしたし、まぁ、良しとしましょうか。

 新たに加わったマスタリング用のエフェクト(MClassシリーズ)は、結構使いやすそうですね。今どきの音圧感を、非常にお手軽に出せます。もうホント、このソフトはアマチュアの方にはかなりお薦め出来るものですね。PCとMIDIキーボード、サウンドカードにリーズン。これで音楽作るには何不自由ないというか、一昔前のお仕事セットと変わらないですよ、そんなに(^_^;) もうね、あ〜あって感じ。

 そうそう、まだ申し込んでないんだけど、Sonic Synth も今ならお安い値段で2に出来るんだよなぁ。これは日本で買うと¥62,790のものですが、Sonic Synthは元々海外の通販で買ったのでなんと$199でOK!  Sampletank 2 LE もXLに$ 349で可能らしくて。Sampletank2も近直2.1にメジャーアップグレードするみたいで、そうすると2枚のDVD分のライブラリが1万円くらいで増やせたりするみたいで、もうなんだか訳分からんことになりそうだわ〜。