2005年6月28日

OSXで作ったZIPアーカイブファイルはOS9じゃNG!?

 先日初めて知ったんですが。

 事の発端は友人からの電話。以前うちで作業したDPのプロジェクトファイルから、必要になったオーディファイルを送って欲しいという。うちではDP4.52で作業をしていたんだけど、友人はまだOS9でDP3.11にて作業している。送るのはSD2ファイルのみなので、フォルダにまとめて、Finder上からZIPアーカイブにしてから無料転送サイトを使ってアップしたんだけど、友人から解凍後のファイルが使えないという電話が。

 うちではちゃんと解凍出来るし、ちゃんと元の状態に戻るし、おかしいな?なんで?と思いつつとりあえずOS9で立ち上げてボクも試してみたところ、どうやらこのZIPファイルをOS9上のStuffIt Expander7.0.3で解凍するとリソースフォークが切り離されてしまうみたいだな。(_OS X Fileという別のフォルダに納められてる) ちなみに、DPで扱うSD2ファイルのリソースフォークには、タイムスタンプやらリージョン情報が含まれていて、これらが切り離されてしまうと事実上使えないファイルになってしまうのですな。

 じゃあということでOSXのDrop Stuffitにて.sitに変換、それを渡してみたけど今度は解凍が上手くできない(内容が壊れているというエラー表示が出て止まる)とのこと。もちろん、自分もダウンして解凍してみるもOSX上では全く問題なし。ところが、OS9で立ち上げたらやはり同様にエラーが出て解凍出来ず。なんですかね?これは。結論としては、OS9で使える.sitファイルはOSX上では作れないって事? ホンマかいな? なんのためにDrop Stuffit のモードに「Stuffit」と「StuffitX」が有るんだか?

 すったもんだしたあげく結局原因は分からずそういうもんだと言うことにして、OS9上で.sitにしてからアップ。当たり前のように問題はなく事なきを得たけど、こんなことを今ごろ知りました。ちなみに、オーディオファイルは圧縮しても容量はさほど変わらないと言われておりまするが、それは通常の音楽のように常に音が持続している時の話。ボクらが扱う素材ファイルなどは無音部も多く含まれるので、送る時などはフォルダにひとまとめにして圧縮すれば、そんなに期待は出来ないけれどもしっかりサイズは小さく出来ます。もちろん、AACやMP3のような非可逆のコーデックを使うわけでもないので解凍すれば元に戻ります。
 

2005年6月21日

壊れたと言えば

828mk2.gif 某掲示板でも話題になってましたが、MOTUのオーディオインターフェイス、828mk2の液晶が壊れてました(バックライト切れ)。確か去年の4月中頃とかに買ったと思うので、保証期間をちょい過ぎた5月に壊れました。突然というか、ちょっとしたタイミングで。

 ボクは普段、自宅で作業中の場合に中断する時はDP(アプリ)を一端終了して(RAMクリアの意味もある)、828mk2の電源を切ってからスリープさせるんだけど、その時は忘れててそのままスリープさせてた。で、飯を食い終わって作業を再開する時にペシッとエンターキーを叩きMacを目覚めさせた時に、スピーカーからバチッと音がした。アレ?っと思い見たら828mk2の液晶は消えてるし…と特に気にすることもなかったんだけど、いざ電源を入れようとするとしっかり入ってまちた…。

 その時初めて、電源を切り忘れていたことと、液晶が壊れている事に気がついたってワケです。実際は音もちゃんと出るし、殆どの操作はMac上でやる(できる)から特に不都合がないと言うことで、実は今も騙し騙し使っています(笑)。

 某掲示板の情報によると、6千円弱くらいで修理は完了するらしい。部品さえ在庫が有れば、その場の修理も可能らしい。ボクもそろそろ区切りを見つけて修理に出さなきゃ…。早速ミューズテクスに電話してみようっと。
 

2005年6月20日

Music Baton ??

 うわっ、いつものようにWebPatrolで巡回してたら、mochintoshさんから「Music Baton」というのがまわってきた。なんすかこれ、チェーンメールの一種でしょうか(笑)。色々見てみると、どうやら自分も質問に答えて、同じ質問を友人5人に回すというモノらしい。しかもメールで伝えるとかじゃなくてサイト上だけで回すっぽい。だから、バトンを回した友人が自分のサイトを見てないとそこで切れるという(^_^;

 う〜ん、どうしよ。ブログ(もしくはサイト)持ってる人で、マメにここを覗いてる人なんてきっといやしないぞ。同じ事務所の龍太君はたまに見てるって前に言ってたけど、彼はサイト持ってないしなぁ…。見てないだろうけど、とりあえず、高野君と富樫さんに…あ、大島さんは見てたりするかもな。あとは無難に後輩にしとこう…かな(笑)。

● 今パソコンに入っている音楽ファイルの容量
4126曲 13:00:36:29 合計時間、17.66GB / iTunesのインフォ

 余談ですが、去年くらいからボチボチとうちにあるCDを取り込むようにしています。それ用のスペースを確保出来たからだけど。こうしておくととても便利なことを、去年やっと気がついた(根岸さんの影響)というか、こりゃいいデータベースだなと。これからは2重買いも減ることでしょう。それもあって、要らないと思っていたiPodも最近になって欲しくなってきたし(笑)。

 あ〜でも、いつになったら全て取り込み終わることやら。気が遠くなります。

● 今聴いている曲
Gurnard(Meet Next Life)/ isan
 ー 夜中はまったりとエレクトロニカ系が多い。これは最新のじゃありません。

● よく聴く、または特別な思い入れのある5曲
Butterflies & Hurricanes(ABSOLUTION)/ MUSE
 ー MUSEの中でも、最近はこの曲にハマっている。(…と言うかハマリ続けている(笑))
Joga(Homogenic)/ Bjork
 − この曲のストリングスが大好きなんだよね。こういうアレンジしたい。音もいいからリファレンスも兼ねる。
ゆり(キルト)/ Pigeon's Milk
 ー 自分のプロデュースものでも、この曲は未だに聞く。めったにないこと。今では反省材料にもなる(笑)。
Frozen(Ray Of Light) / Madonna
 ー ウィリアムオービット・プロデュースのマドンナの中ではこれが一歩抜きん出てるかな。今でもなにげなくポチっと聴いたりします。
Fillip(Showbiz)/ MUSE
 ー 迷ったあげく、今の個人的な時勢と言うことでMUSEをもう一曲入れとこう。

● 最後に買ったCD
Blinking Lights and Other Revelations / Eels
 ー 多分これじゃないかな。2枚組でボリュームたっぷり。

● バトンを回す5人
 初めに書いた通り恐らくバトンがまわらない気がするけど、お約束っぽいので一応リンクだけしとこう。

HAAS  高野君、見てないよね〜。
富樫春生の世界 HAL-Oh.com 多分駄目かな…
Hanako Cafe 少しは望みがあるかも。
The site of TKO たまには見とけ、こんにゃろめ〜
GOMOweb たまには見とけ、こんにゃろめ〜 パート2


 見てたらよしなに。>各位
 

2005年6月17日

むが〜〜!!

 突然、カセットレコーダーが壊れました。壊れたと言うより、「壊れてた」って感じかな。多分、カセットを聴こうとしたのはもう1年以上は前じゃ無かろうか?ってな使用頻度だったんで、正確なところは分からないけど。熟成するが如く壊れちゃってたってなところでしょう(笑)。

 長年愛用していたAIWAのダブルカセットなんだけど、どうやら駆動部のゴムベルトが経年劣化で伸びちゃったのが原因っぽい。でないと、一気に両方とも駄目になるって事は無いだろうからねえ…。今となっては殆ど使用することのないカセットだけど、過去の遺産は相当なもので、このまま「まあいいか」では済まされないのが辛いところ。再生出来ないと困るモノもあるからねぇ。あ〜あ、今更買い替えかぁ。

 ボクは昔からカセットレコーダーはTASCAM製がお気に入りなので、TASCAMの業務用か、TEACの民生機か、もしくは友人がお奨めしてたデジタル処理機能内蔵のパイオニアT-D7にしようかで迷っている。殆ど使用することのないカセットレコーダーに5万円以上は払う気がどうもしないので、TEACの民生機に落ち着く可能性が大だけど…。でも、DATもそうだけど、テープものはなぜかTASCAMが好みの音がするんだよなあ…。TEACも似たような音がしてくれるだろうか?

 もしやと思い、うちにある他の「カセット」タイプの機種をチェックしてみたところ、カセットウォークマンもいかれてた(笑)。パナソニックのラジカセも動きはするけどちゃんとは再生出来ない状態で、現時点では、もうホントに我が家はカセットが再生出来る環境にないことが判明した(笑)。唯一ちゃんと動くのが大昔に使っていたカセットマルチのTASCAM244だけだった。

 回転倍だし、ノイズリダクション入ってるしで普通のカセットは再生出来ないし(^_^;

 というわけで、そろそろまた色々と壊れる時期なのかも知れないな〜。
 

2005年6月16日

音楽噺第一回:相も変わらずつい聞いてしまうバンド=MUSE

 突然カテゴリー増やしちゃったんだけど、ここは普段ボクが気に入って聴いている音楽について書いてみようかなってなカテゴリーです。仕事柄、普段からあれこれ手広く聴かざるを得ないわけですが、そんな中でもいわゆる趣味的にハマっているアーティスト、バンドなどをちょこっとずつご紹介していきます。ボクみたいな立場の人間がおおっぴらに書くような内容ではあまりないんだけど、「これは!」ってなアーティストを取り上げようかと思います。だから、そんなに続かないかも(^_^;

--/--/--/--/--/--/--/--/--/--/--/--/--/--/--/--/--/--/--/--/--/--/--/--/--/--/--/--/--/--/--/

 さて、気がついてみればもう既に5年くらい、ボクは何故か飽きもせず「MUSE」というバンドを聴き続けている。正式にはまだ4枚ほどしかアルバムを発表していないバンドだ。ボクのサイトのドメインを見て、はは〜んと感づいた方にはもう察しがつくだろうが、このMUSEはここ数年ボクを虜にしているバンドだ。普通にファンなんすよ、いい歳こいて(笑)。まあ、MUSEが好きな事に年齢は関係無かろうと、ボク自身は考えているからこうしてここで公言しているわけだが(^_^;

 ここを読んでいる方でMUSEを知っている人はどれくらいいるのかな? まぁ、ロック系、それもオルタナ系と呼ばれるジャンルに興味が無い人にとってはあまりピンとくるバンドではないかも知れない。というか、そういうジャンル分けでいいのかどうかも良くわからんバンドでもあるけど。パンクっぽい曲もあるし、ヘビーなギターサウンドが多いから聴きようによってはヘビメタっぽかったりもするけど…まぁ、ヘビメタとは言えないよなあ。コード進行的にクラシックっぽいアプローチが多かったりするから、プログレっぽいともいえるかもね。コードの飛び方とか…結構唐突だったりするし。

 さて、このMUSEというバンド、一体どんなバンドかというと、この手ではよく見かけるいわゆる3ピースのバンドだ。ボーカル&ギター、ベース、ドラムの3人バンドって意味ね。結構ライブ寄りのバンドというか、あまり多くの楽器をダビングして構築するって感じではないかな。といっても、ピアノは多用されてるし、ストリングスやシンセのシーケンスなども取り入れられて、3ピースだから…という拘りはそれほど無いだろう。

 曲調的には、誤解を恐れず一言で片づけてしまえば「暗いロック」だ(^_^;) 特筆すべきは、やはり楽曲の独特な雰囲気…もっといえばアレンジのセンスだろうか。曲を書いてるマット(マシューベラミー)のセンスかプロデューサーがいいからなのかはちょっと分かんないけど、シンプルなようでいて複雑、複雑なようでシンプル。あ、ワケ分かんないスか?(^_^; 巧妙にシンプルって感じなのかなあ。曲の構成力もかなりのもの。曲の長さとか、結構絶妙だったりするし、曲の流れが一辺倒でなく洗練されてる。いや、勉強になるっすよ。…といっても、あまり他に応用出来ないけどね(笑)。まあ、いずれにしろボクみたいな凡人にはとても思いつかないようなアレンジの曲が多い。

 「暗い」と言いつつ、結構メロディとかリフ自体はPOPと言えるもので、フレーズ自体は簡単なようにも聞こえたりもするけど実際に演奏するとかなり難しいフレーズだったり、その上、玄人好みなギミックが豊富な感じがする。ボクが初めて聴いたのはファーストアルバムの"Showbiz"をだったけど、当時まだマットが二十歳そこそこ(日本でリリースされた時点でも22歳くらい?)だったはず。でも、そんときに既にもう完成されてたしね、こいつら。単純に凄え〜と思ったっすよ。

 そうそう、「暗いロック」という印象は、ピアノの音色を多く使っていることも要因ではあるかな。これもギターのマットが実際に演奏している。結構難しそうなフレーズも上手いとは言えないかも知れないけどちゃんとやれてる。それと、忘れてはいけないのがファルセットを多用するマットのボーカルだねぇ。あ、人によっては、一見ラルクっぽく聞こえるらしいけど。(カミサンもそう言ってた) あ、息継ぎを派手にやるところとか、そりゃちょっとビジュアル系っぽい感もあるな。でもボクの中では一線を画しているな。そういや他にも、MUSEはよくレディオヘッドあたりと比べられたりしてたんだけど、これもボクには良く分からない。音楽性は結構違うと思うし。

 てなわけでMUSEを知らない、聴いた事無いって御仁には一度聴いてみることを一応お奨めしときやす。あ、ここに上げたジャケットは一応最新(といってもリリースされたのはもう2年近く前だけど…)盤でもある3rdアルバムの"ABSOLUTION"というアルバム。上のリンクから「muse album player」っていうリンクを辿れば、結構ちゃんとした音でプレビュー(てか、殆ど通してだよなこれ…)が聴くことが出来るよ(かなり重いけど)。結構、合う人、合わない人がハッキリ分かれると思うので、この一枚を買えば好きか嫌いかの判断は容易かと存じあげまする。ハマるとなかなか深いっすよ。ハマった人はマストアイテムのデビュー盤、"Showbiz"も迷わずゲットしよう。

「デビュー盤でこれかよ!?」

 って、きっと思うはずだす。

-------------------
 ちなみに、タネ明かしすると此処のドメイン「muscle-museum」ってのは元々は彼らの楽曲名(出会いは"Muscle Museum"という曲でした)からインスパイアされたもの(というか、殆どまんまですな)ですが、意味的には殆ど無関係です。うちの場合、

「自分の体力不足を自虐的にドメイン名にしてみた」

ってな感じです。意味不明ですか、そうですか(笑)。
 

2005年6月15日

2006年かぁ… >インテルMac

 どうもご無沙汰しちゃってます。少し筆無精になってきたので、どえらい間があきましたが、一応自分のメモ代わりでもあるのでやっぱ書いとこうかな…と。あ、情報としてはもうかなり古いですが(笑)。

 Mac使いの方ならもう周知のことと思いますが、先日のWWDCでアップルのCEO、Steve Jobsから2006年(来年ね)からMacのCPUをインテル製のものに変更、2007年には完全移行する、ということが発表されました。実際には、もう既にTigerもインテルMacで動かしていたらしいですね。

 ボクがメインで使う音楽系のソフトって、それなりにハードが絡んでくるので、いわずもがな対応が遅れがちなのが常なのですが、予想するに、ソフトのアップデート(及びバグ出し)が終わって、落ち着くのは恐らく2006年中頃から2007年って感じじゃないかと思います。

 ということで、やはり暫くは現状の環境を維持出来るように最後のG5を確保しておきたいのは山々なのですが、今すぐに飛びついて買うのがいいのか、もう少し待って買った方がいいのかの判断に苦慮しています。ここ数年は2年ごとに買い換えるような感じで来ている気がするので、逆算しても今がベストなのかどうなのか?…と。出来れば、最後のG5マシンもCPが高いものの方がいいので。下手したら、インテルMacにはなかなか行けない可能性も残されてるし。

 気持ち的には、相変わらずあのデカい筺体を家に置くのは抵抗があるんですけど、逆に今のG4もファンの音がやかましいので辟易しているのも事実ですし、何より、ソフトシンセを使うことがメインになってきている昨今ですので、パフォーマンス的にも今や我慢の限界に近いとも言えます。あれこれ手の込んだことをやっていると、フラストレーションが溜まってきてますんで。まぁ、作業時間のことを全く気にしなければそ〜でもないんですけどね。いや、そうも言ってられないんで。

 ちょっと前にデスクトップMacも2.7Gデュアルが出たわけですが、本来なら最上位機種が3Gデュアル、中堅が2.8Gデュアルとかじゃないのかな?とか考えていましたので、現状はどうも踏ん切りがつきにくいというか、飛びつく感じが湧いてこないんですよねぇ…。

 ちょっと前の最上位機種の水冷Mac(2.5Gデュアル)が、安売りしていて、これでもいいかなぁ…と言う気もしてきています。でも、これを買った後に↑に書いたような機種が秋頃にでも出されたら、やっぱりちょっと口惜しいかなぁ…ってところです。


 あ〜どうしよっかなぁ〜。


 あ、考えてみたら、ここ(というか以前のコラム)でも散々Mac購入時の悩みは書いてきていますね。ホントもう、歴史を繰り返しまくりですな(笑)。