2006年12月31日

あっという間に年の瀬…

いやあ、はっと気が付けばもう大晦日。このブログも、なんと12月に入ってから初投稿とは…。

細かいネタはそこそこあれど、いざ何か書こうかと思っても、なかなか文章に書き記す時間が持てなくて、すっかりサボりモードでした(笑)。

さて、ギリギリですが、今年でも振り返りますか。
先ずは、やはりスポーツ関係。

2月に冬季オリンピック…ちゅうか、荒川さん。我が家では、未だに尾を引いてるというか、今もかみさんは紅白を覧ないでフィギュア覧てます(笑)。

でもって、やはり一番は6月のワールドカップ。これのお陰で、我が家はすんなり37インチプラズマTVとHDDレコーダーを導入できました。画面の大きさもそうですが、地デジによる民放のハイビジョン映像での視聴が可能になったこと。これはもう、個人的には我が家でのAVプチ革命でした。

F1ではアロンソの2連覇、シューマッハの引退。正に、世代交代というか。20年もF1覧てると、そりゃ何回か世代交代らしきものはありますが、今年は特別でしたね。あとは、スーパーアグリF1の参戦かな。

政治では小泉さんから安部さんへ。北朝鮮問題、いじめ(教育)問題、他には憲法9条改正のこととか、消費税のこととか、気になることはいろいろあるけど、どうなることやら。

今年はHDDレコーダーを導入してちょっと気になる放送などはすぐに録画できちゃうので、6月以降はフル稼働なディーガ君だった。中でも、ドラマ好きなボクとしては色々な作品をDVD保管などもするようになった。リアルタイムでなくてもあとから覧られるし、そういう意味でも、とりあえず好きな俳優さんが出ているドラマはとりあえず録っておいて、あとで覧るか、消すか、DVDに残すかなどを決めるようになった。

そんな中、今年一番の当たりドラマは「のだめカンタービレ」でした。もうすっかりハマってしまいまして、結構何度か見かえしたりもしてます。ドラマを覧るまではその存在すら知らなかった自分ですが、今や16巻のコミックも全て読み終え、色んな意味ですっかりファンになりました。やっぱりクラシック、しかもオーケストラが題材だと、感動的になりますな。いいドラマでした。同時に、主役の上野樹里ちゃん、玉木宏君などもフォローするようになり、最近では、レンタルですがあれこれ映画なども借りてきてみるようになりました。

ボクの中の女優四天王ってのも、そろそろ世代交代かな?って感じ。(今までの一番は深津ちゃんですから…(笑))

最後に仕事関係ですが、順調と言うには仕事量が足らない感じですが、まあ、今年はそういう年なのかな?って感じです。去年の今頃…っていうか、9月以降はいくつも掛け持ったりして酷かったですけどね。でもやっぱり、暇っぽいより忙しい方がいいですね。ああでも、時間がなさ過ぎてもビデオを観る時間が無くて困るけど…。

機材的にも、Macは去年と同様、音ネタとしても、いくつかの新規導入のソフトシンセを除き、アップグレードされたくらいですかね。

今年のボクは27日で早くに仕事納めでしたので、もう既に正月休みって感じです。自分の部屋以外は掃除も終わり(これはもう…いずれのんびりやります)、年賀状も昨日速攻でデザインしてからプリントアウト、寒かったけど夜中に出してきました。

というわけで、今年一年振り返ってみて、世の中は色々と移ろいでいますが、自分としては、そ〜んなには濃い年でもなく、ま、平々凡々ではありましたが、無事にまた1年過ごすことが出来て何よりかな?って感じです。

…と言うわけで、今年も残すところあと僅か数時間ですが、良いお年を!!