2007年6月29日

828mkII、O/H完了!

というわけで、まだ2年ちょっと(嘘です、調べたらもう4年近く使ってました(笑))とは言え使用頻度も高く、長年使ってきて少しガタが出てきたのでオーバーホールに出しました。

そもそも、液晶パネルのバックライトは購入後1年持たずに切れてしまい、まんまだったし、多分初期型なのでROMも新しいのが出ているような気がしてて問い合わせてみたり(案の定出てました)。ちなみに、巷でよく聴くような電源(電圧)不安定による未認識とか、アウトプット不良により音が出なくなったりとかのトラブルは一切なく、この液晶パネルの問題以外は基本的にノートラブルの優良児だったんですけど、やはり、ここらでメンテしとこうかと思い立って。

というわけで、仙台にあるミューズテクスの検品物流センターに依頼してみたら、やはりROMは最新に交換、同時に電源部付近のパーツの劣化が認められ交換が必要とのこと。結果、メインロジックボード交換が安上がりという返答が来たので、素直にアッセン交換することにしました。費用は15,750円。一式交換でこの値段は比較的安め…と言えるでしょうね!?

ちなみに、液晶だけ直しても1万近くは取られるし、修理せずにそのまま返して貰っても検査費で6,000円取られますから、この先も使用を続けるのならば、まあ〜これ以外の選択の余地は無いといえます(^_^;) 実費としては仙台に送る際の輸送費が別に1250円掛かってますから、トータルで17,000円ってところすね。まあこれでまた暫く元気に音を出してくれるなら、安上がりと思えます。っていうくらい、まあ酷使してますから(笑)。


で、6月24日に出して本日(6/29)戻ってきたんですが、ボディも綺麗に磨かれていたり、バックパネルを見てもピカピカしていて気分がいいもんです。動作チェックすべく周辺を繋げてみますが、ちょっと緩くなってきてたFireWireポートもまたカッチリに戻ってたし、光ポートには開閉式の蓋が着いてたりと、少しマイナーチェンジした感じで。久々に液晶がついたところを見てホッとしたり(笑)。

ところで、実はこの828mkII は購入した際に登録するのを忘れていてずっと未登録で使っていたから、いざ、修理に出そうと思ったらミューズテクスでは受けて貰えないみたいでした。登録葉書は出したつもりでいたのが未登録だったわけだから、今更どこにいっちゃったのか分からないし、今更出てくるわけもない。

というわけで、費用としては登録書の再発行代が別途必要になりました。向こうに伝えていたシリアルナンバーが一部間違っていて、ちょっとサポートの人と電話ですったもんだしましたが、なんとか登録ハガキを再発行して貰った。ちょうど一年前にもバックライトを直そうとしたんだけど、その時はタイミングが合わず出せなかったんだけど、そん時に登録だけでもしておけば良かったなあ。

セコい話だけど、1年前は1,575円だった再発行費用が、今年になったら3,150円になってたもんで。ほぼ倍ですね〜。システム的にセキュリティを強化したのが理由だそうです。その分をしっかりユーザー側に持たせるんだね、ふ〜んって感じ。

この話には更にオチがあって、いざ修理に出す時になって初めて箱を引っ張り出してきたんだけど、箱の横に保証書が張り付いてるのを確認、見ると、ビニールの封を開けた形跡がない…。ここに保証書があるのは知っていたけど、ちゃんと封を開けて確認しているものと思っていたけど、これは勘違いだったみたいで…。結果、その保証書の裏面というか、保証書にくっつく形でユーザー登録書が見つかった。というわけで、再発行して貰わなくて済んでたものを、勘違いから無駄な出費をしてしまったわけで…。

なんだか、2重に損した気分。もっと良く探してみるべきでしたねえ。というのも、英文マニュアルやドライバーのインストーラと同じところに返送用の封筒と英文のハガキ(本国のMOTUに送る用)は有って、ミューズテクスに送る分だけがみつからなかったから、もうてっきり「あ〜、どっか行っちゃったんだ〜間違って捨てちゃったのかなあ?」って、勝手に思いこんじゃったもんだから、それほど真剣に探さなかったんですよねえ。自業自得です。ちゃんと箱の隅々まで確認していたら、普通に見つかっていた=自分のミスって事で、なんだかスッキリしないんですわ(^_^;)

まあ、今更言ってもしゃあないすけど……そういう性格なもんで(^_^;)


さて、この時同時に、インテルMacで自宅のMTPII USBも繋げられるように、ROM交換すべく手配したんだけど、これはミューズテクスのサイトではアナウンスがないようだけど、MacBookで使う場合は繋ぎ方に注意が必要です。というのは、ダイレクトにMacBookのUSBポートへ繋ぐか、もしくはUSB1.1のハブ経由じゃないと、システムプロファイラでは普通に認識されているように見えても、AudioMidi設定やClockWorkでは認識されずに使えません。

ノートブックだと色んなものをUSBハブを介して接続するのは至極当たり前のことだし、今はもうハブの仕様もUSB2.0が普通だし……。そうなると、現時点ではROMを最新のものに交換してもちゃんと使えるとは言えないですね。まあ、MacBookに1UサイズのMTPを繋げるのもあまり現実的じゃないけども(笑)。他の小さいMIDIインターフェイス(Micro〜とか)ではどうなのか、興味があるところです。

ボクの場合も通常はイーサ経由のネットワークで使うし、単体でもKOREやM-AUDIO FW410とかにMIDIインターフェイスが付いているので、シンセを一台繋ぐくらいならこれでも十分だから、まあ、それほど困るって程じゃないんだけどね。

ちなみに、この件についてのミューズテクスの見解は、「もしElecomやBaffalo製のハブを介すとMIDI信号の乱れでパニックや遅延が起こりやすくなる、同時に認識等も上手くいかない。ゆえに、なるべくMac本体に接続してほしい」との事です。

というわけで似た環境の人は使用にはご注意下さい。PowerMac G5やiMac G5ではUSB2.0ハブ経由でも問題無いので、インテルMacに限るのかなあ? インテルiMacや、Mac Proではどうなのか、情報をお持ちの方は是非後学のために教えて下さいな!

Addictive Drumsのご紹介

Drumkit From Hell Superior、BFD、EZdrummerなど、今となっては生系のドラム音源をチョイスするにも色んな選択肢があって、どれを買うか結構迷っちゃうんじゃないかと思うんだけど、なかでも後発と言えるXLN AudioというメーカーのAddictive Drumsというソフトシンセがお奨めなのでご紹介します。

TOONTRACK社のDFHSなどは、音質も良く、かなり生演奏に近いドラムトラックが作れますが、使用するにあたっては読み込みに時間が掛かったり、メモリも大量に消費するし、なにより結構なマシンパワーを食いますから、使用には少し注意が必要です。それに、まんま録り音に近い無加工の音と言えるので、いわゆるエンジニア的知識のないビギナーさんには少々敷居の高い楽器と言えます。

で、後発のBFDやEZdrummerなどは、少しは加工してあって、そのまま弄らなくても、トータルコンプさえ掛ければ使える音になっていたり、後者などはStylus RMXのSAGEエンジンからヒントを得たかのようなMIDIデータのパターンを多く用意し、MIDIデータのドラッグ&ドロップだけでも文字通りEasyにドラムトラックを作れるようになっている画期的なソフトシンセです。

でも、マシになったとは言え、やはり読み込みに時間が掛かりすぎたりして、キットのエディットができないので、固定された音をいくつかチョイスし直すくらいしか出来なくて不満の残る仕様です。

その点、このAddictive Drumsというのは、まず、読み込みが速い。パーツ毎に音色をチョイス出来るので自由度が高い(キックがパールでスネアがDW、ハットがパイステとか)。ラディックのスネアが無かったり、グレッチのキットがなかったりと個々の楽器の数は少々物足りない気が最初したけど、それを補えるだけの編集機能があります。例えていうなら、各楽器のマイク毎にEQ、フィルター、コンプ、ディトーション、サチュレーションリミッターなどを必要に応じてすぐに挿せるって感じで、知識のある人なら個別に音を作れるという点も素晴らしいし、同じキットでも既に加工されて作られたバラエティに富んだプリセットがあり、ビギナーにとっても扱いやすいモノと言えます。

パラアウトの方法も、従来の「ステレオアウトかパラアウトか」みたいな二人者択一ではなく、パラで出したい音だけをスィッチ1つでアサインできたりとか、その他残りはマスターに残したりとか、なかなかにフレシキブルな使い方が出来ます。マスターフェーダーにも上記のエフェクトがトータルとして掛けられるし、それとは別にFXトラックというのがあって2種類の空間系エフェクトが付属します。

そして、EZdrummer的なMIDIパターンもそこそこ付いてくるので、同様の編集機能を使ったトラックメイキングもさほど時間を取られずに出来ます。ドラムの打ち込みに慣れてない人でも、センス1つでかっちょいいトラックが作れるでしょうね。という感じで、正に、後発ならではの「いいとこ取り」のような楽器なんです。

更なるお奨めポイントは、CPUリソースも他の機種よりかなり少ない感じで、DFHSでいっぱいいっぱいなフレーズも楽に鳴らすことが出来るので、プリプロなどで使用するときにも、他にまだ楽器を立ち上げる余裕が残せるのも大きな強みと言えるでしょう。音色的にもいい録音と言えるし、エンベロープも変えられるのでタイトな音から緩い感じまでカバーできるし、ジャンルもロックからジャズ、フュージョン、果てはピッチエンベロープも併用して弄ればエレクトロニカもいけちゃう。すごく幅広く使えるキットだと思います。

と言うわけで、現時点でどれか1つ選べって言われたら、ボクは間違いなくこれを勧めますね。(逆に間違ってもお奨めしない機種もあるけど…)価格も249 USD(日本円で3万前後)なので、まあだいたい競合機種と同等の価格です。

ちなみにサイトには、ファイルサイズが100MBを超えますがしっかりとしたデモがあるので、興味のある方は先ずは試してみると良いでしょう。

 

2007年6月28日

MacBookのとKOREの相性?

で、もう1個はまたまたNI製品ですが、KOREです。これ、今はMacBookの方で使ってるんですけど、デスクトップの方でGuitarRig2が使えなくなったので、MacBook+KOREで鳴らしたんですけど、録った音を聞いたら、たまに数十サンプルくらい欠落して、その時にプチプチノイズが出てるんですね。レーテンシーは7msくらいにしているので多分バッファは256とかだと思うんだけど、CPU使用率はまだまだ余っているのに、なぜかプチプチ途切れてるんです。これも、その場では対処不可能でした。まあ、他にも方法があったので、KOREを使う選択をしたのが間違いの元だったかも知れませんけどね。唯一の「USBオーディオインターフェイス」でしたから。

で、仕事がはけた後、色々検索してたら、Digidesignのページでこんなの見つけました。これはMacBookにおいてですが、

Use of Digidesign, M-Audio, or Other USB Audio Devices on the Left-Rear USB Port Is Not Recommended

「デジデザイン、M-AUDIO、そしてその他のオーディオインターフェイスの使用に、左側の後ろのUSBポートは推奨しません」

…ですと。う〜〜ん、これが原因っぽいですね。確かに左側に2つUSBポートがありますが、まさか、仕様に違いがあるとは…。ここの記事でも、後ろ側のポートを使うと、いくつかのサンプル分ドロップアウトが認められるとありました。これについては、まだ確証を得ていませんので、今度時間のあるときにあれこれ検証してみます。

Tipsその2。不可解な現象が起きたら、まずDigidesignのサイトを調べる!

デジはかなりシステムを厳密にチェックしていますから、ここのサポートは情報が多いです。ちなみに、他のメーカーではあまり触れられていませんが、システムのアップデートに関してデジでは、「ソフトウェア・アップデートは使用せずバージョンアップデートはデルタ版ではなく必ずコンボ版で」となっています。これは、ボクも昔からそう思っていて実践していましたので賛成です。OSも先日10.4.10のアップデータが配布されましたが、デジでは、つい最近、10.4.9がオフィシャルサポートとなりました。基本的に、デジのタイミングでOSのバージョンをあげていくのが、吉だと思います。


さて、今のボクは、使用機材がほぼソフトに頼っているということもあり、この手の見た目では分からない(というか気づかない)ような原因不明のトラブルがあると、自宅で自分の作業だけならまだしも、人に呼ばれてスタジオに入っている時に起きると作業は滞るし気は焦るし迷惑が掛かるし…で、ホント、疲れてしまいます。現場で多少のトラブルシューティングはしますので、30分くらいはあっという間に無駄になってしまいますしね。

ボクの場合は言わずもがなその物量も凄く多いので、トラブルシューティングはとくに面倒になってきてます。トラブルの根源の見極め、問題の切り分けが出来ないと、この先もっと大変になりますね。あまり使わなくなったソフトとかは、アンイストールするなどして、少しシンプルに出来たらと思ってますけど、実際は増え続ける一方です(^_^;)

今回のように、マシンを増やして音源を振り分けるってのは、ソフト側から見ればいいアイデアだと思ったんだけど、システムとしてはどんどん複雑になるので、これ以上は増やしたくないし…って感じで、なかなか難しいものです。

あ〜マジメになんとかしたい。スッキリと音楽を作りたい……と、思う今日この頃です。

 

GuitarRig2のアクティベート・エラー

さて、今回起きたその他のトラブルですが、いずれも予想外のモノでその場では対処法が見つけられませんでした。

まず一つ目は、GuitarRig 2のトラブル。これは、本当に謎でした。ついさっきまで使えていたものが、突然使えなくなってしまったという恐ろしいトラブル(笑)ですが、この時、問題の切り分けが難しかったのが、最終段のアウトプット前まではメーターもちゃんと振れてて見ためは正常だったので、非常にやっかいでした。

今でも「これが原因」と、完全に確証を得たわけでもないですが、とりあえず今は正常に戻っているので、対処の仕方としては間違ってはいないのでしょう。以下がトラブルの背景、原因と対処法です。

ボクの場合、NIの製品を殆ど持っているのですが、入手の仕方が特殊で、まずABSYNTHをVer1の頃に買い、その後Ver2にアップグレード。んで多分2003年の年末に期間限定のKOMPLETE2スペシャルエディションにアップグレード。そこからはCare 2005、KOMP3アップグレード、Care 2006、KOMP4…とどんどんアップグレードしてきたわけです。

で、途中KOMP3でGuitarRig 1が入り、Care 2006でGuitarRig 2になったと記憶しているんですが、Care 2006でサプリメントとしてついてきたものとKOMP4の内容がダブるモノがいくつかあるわけですけど、それらはアンインストールしろとは書かれていない(…はず)ので、そのまま上書き上書きで来たわけですが、これがどうも災いしたんじゃないかなあと。

結果から言うと、オーサライズ情報がごっちゃになってしまって、見た目はオーサライズ出来てるように見えて、実はデモモードで動いていた…みたいな。で、その期間が切れたので、見た目は正常っぽくても、最終段で音が出ないように細工されていたと、まあこんな感じのトラブルです。最近Ver2.2.1のアップデータを入れたから、どうやらこれが引き金になったようです。

というわけで、GuitarRig関係の書類(色んなところに初期設定ファイルがある)を全て破棄したあと、KOMP4のインストーラーから再インストール。その後、「NI SERVICE CENTER」を使用してアクティベートしてやっと復活となりました。途中でオーサライズというか、アクティベートの方式が変更になってるんですよね。以前のオーサライズ方式(Registration Toolを使う単独インストールもの)と「NI SERVICE CENTER」以降のものとが混在しちゃってる人は、気の留めておいて下さい。

というわけでNIの製品に関してのTips。

何かトラブルがあったときには、素直に再インストールが吉! (今更?(^_^;))

2007年6月27日

Midiネットワークの謎

ちょっと疲れが溜まってて、昨日はネットにも繋がず、録画されたソースなどを消化したあとはバタンキューでした。なもんで、今日はちょっと時差ボケ的早起きさんです。モタスポSもさっき…というか起きてから見ましたってな感じで。

さて、愛車のトラブルや、謎の機材トラブルなどで色々ありましたが、先日Kat McDowellさんのプロジェクトは無事終了しました。関わったのは2曲だけなんですが、日数はそこそこ掛かっちゃってますね〜。まあ、プリプロしっかりやっちゃってますからしょうがないすけど。

さて、今回、本格的に2台のMac(iMac G5とMacBook)をネットワークで繋いでリソースを稼ぐって方法をやってみましたけど、あれこれ、問題点も見つかりました。まず、AudioMidi設定のネットワークですが、DPとの組み合わせでは、パッチスルーのモードによって、レーテンシーや発音トラブルがあること。具体的に言うと、DPのデフォルトでもある「Core Audioを使用する」のモードだと、同時(タイミングの)発音のノートが正常に発音されないというトラブルです。

なぜそうなるかは原因は不明ですが、これが大問題で、なにしろクオンタイズされた和音などはこのモードではちゃんと鳴らないわけですから、このモードでの使用は実質不可能です。少しでもばらけていれば発音しますが、それは実用的ではありませんしね。

となると、他の方法としてDPの内部でのMIDIパッチスルー(従来の方式)をチョイスするしかないのですが、こうすると、レーテンシーがものすごく、リズム音源の打ち込みだと、リアルタイムでのプレイは気持ち悪いほど遅れてほぼ無理。これも使えないかのように思えました。ちなみに、いずれもバッファー値は256です。

ですが、この方法は、退避する方法がありました。AudioMidi設定のネットワークでは、接続された機器(スレーブ側)に対してレーテンシーの設定を上手くやると、「ほぼ」上手く鳴ってくれます。「ほぼ」というのは、Core Audioのパッチスルーを使うに比べたら、やはり若干精度に劣る感じがするからです。ちなみに、一旦MIDIデータとして録音してしまえば、再生時はレーテンシーを気にする必要はありません。これは、「自動プラグインレーテンシー補正」がONになっているからでしょうね。つまりは、MIDIデータの入力時にリアルタイムで録るときには問題になるわけです。

とりあえずですが、設定前と設定後のMIDIタイミングの比較(赤い線が多少ブレているのが正常)を載せておきます。使っているMacやソフト、オーディオインターフェイスなどの環境によって値は変わると思われますので、このメーターを参考にしつつ調整すると良いです。だいたい、マイナス側に3msとか振っているのが正常っぽいです。調整せずに0msのままだと、赤い線は全くブレませんが、これはどうも正常な値とは言えないっぽいですから。


あと、思わぬトラブルが2つありましたが、これは後ほど別に書きますね。
 

2007年6月19日

というわけで音楽の授業

5/5のブログでチラッと触れましたが、昨日は近所の洗足学園音大に行ってきました。旧知の仲でもある門倉さんが講義をされるというので、興味半分、冷やかし半分で見学させて貰いました。自宅からはダラダラ歩いてなんと徒歩8分!(笑)。(小走りで行けば5〜6分だろうけど、坂道で疲れるからんなこたあしない)

ここは以前ドラマの話題の時にも登場してますが、ボクが結構はまったドラマ、「のだめカンタービレ」のロケでも使われていた音大です。この学校は塀で囲われているので、外から構内はあまり様子が窺えないようになってますから、テラスやベンチがあるパティオとかは初めて拝見しました。ちょうどパティオの真ん中に地下への階段…って実はここ学食があるらしいんですけど、結構な地下というか、かなり掘ってある感じで、お金掛かってそうな学校ですね、ここ(笑)。

今回は、ほんとボク、単に見学に行ったつもりだったんですけど、門倉さんの話のネタにされてしまい、生徒さん達の前で15分ほど壇上にてトークショー形式でお話ししました。ワイヤレスのピンマイクが壊れてて、マイクがハンド一本っきゃなかったのがご愛敬でしたけど(笑)。

内容はかなり雑談に近い感じですけど、プロフィールとか、シンセプログラマー、マニピュレータという職業についても少しだけ。まあ、こういう高尚な音大みたいなところで、ボクみたいな輩がこういう話をしてもなにがどう参考になるのかは分かりませんが、なにしろ音楽の道に進もうとしている生徒さん達にとっては、俗に言う「現場の仕事」がどういったものかとか、そういった部分が少しでも伝わればいいかなと。案の定、生徒さんの質問で「プログラマーという職業は実際はどういう風に仕事をするのですか?」という質問が出たし。ちゃんと具体的な例を挙げて答えてみましたけど、拙いボクの説明で生徒さんが理解し得たかは不明です(笑)。

にしても、一般の人よりかはまだ近しいと思える音大の生徒さんでも、まだまだ認知されてない職業なんだなあとつくづく思いましたな(^_^;) でも、CDのクレジットなんかにも、「シンセサイザープログラミング」とか、「リズムプログラミング」とか「ProTools Edit」とか、ちゃんとミュージシャンと同列に記載されてるんですけどもね(笑)。みんなあんまりその手のCDは買わないのかな?

というわけで、暫く対談したあとは、ボクも門倉さんの授業を聴講することに。「ポップス概論」と称して、今回第3回は「スケール」についてでした。スケールといっても、ジャズ理論のモードの話じゃなくって、もっと基本的な部分。純正律、12平均律、ブルーノートなどの話で。ボクもなるほど!って思うことがあったし、かなり分かりやすくかみ砕いてやるんだな、と思いました。前回はグルーブの話をしたみたいで、ポップスの成り立ちを、歴史から紐解いて説明しているようです。

こういう風に教えて貰えてれば、学校の授業も眠くならないよね、きっと。

授業は1時間半ほど行われ、その後、どっかでメシでも?って話になったときに、その日はちょうど生徒さんの誕生日会があるので顔を出すとのこと。そっか〜って思ったのもつかの間、門倉さんの妹さん(このお方もこの学校のピアノ科の先生でいらっしゃいます)に速攻で誘われ、ワケも分からんボクもなぜかお邪魔することに。

なんか久々に関係ないなりにも学生気分を味わえ、とても新鮮な気分でした。
なんかやっぱり学生さん達って楽しそうでいいよね。
いや、外からみる範囲の話ではありますが(^_^;)

 

続きを読む "というわけで音楽の授業"

ちょっとお遊びでベンチマーク

Parallelsというわけで、MacBookで走らせたParallels DesktopのXPでHDBenchを使って計測したベンチマークの結果。

VPC7上での結果と併せてご覧ください(笑)。どうすか?このVPCのヨワヨワな感じ。VPC7


ひ、ひでえもんだ!(比較する意味無し)

ちなみに、システムは全く同じです。VPCで構築したイメージファイルを、そのままParallelsのユーティリティを使ってイメージ変換したものを走らせています。あ、多少アップデートとかで変わってるんかな? まあでもそれくらい。VPC特有の機能拡張とかが入ったまんまなので、いずれすっきりとちゃんと入れ直しますが、とりあえずはこれで様子見で。他にもBootCampもあるので、CPUがインテルになって、Win環境も色んな形態で構築できますね。仕事で使わないんならって感じだけど。

CrossOver Macで、これはCrossOver MacのHDベンチの結果。

こりゃもう、かなりなデタラメ加減でして。こんな風になっちゃうのね…。
何を決め手にすればいいんだろうねえ?!

2007年6月15日

げろげ〜ろ 〜 悪夢再び 〜(笑)

というわけで、梅雨入りしたそうですね? しとしとぴっちゃんな夜明けを迎えようとしていますが、そんな天候が災いしたのか、本日スタジオ入りしたところまではなんの問題もなかった我が愛車が、仕事が終わって、いざ帰ろうとしたらエンジン掛からず、ついに12年目にしてお初ですが、車を置き去りにして、タクシーで帰ってきてしまいました…(;_;)/

症状は以前ブログでも書いた燃料ポンプのトラブルですが、今回は燃料ポンプのフューズも切れてなくて、夜中の3時に自分だけでの対処は無理と早々に判断。スタジオにお願いして、車&楽器を置かせて貰ってます。ご迷惑お掛けしております。>某スタジオ様

ちなみに昨日今日のお仕事はKat McDwellさんのレコーディングで、例によって根岸さんと一緒でした。ここのKatさんのブログでこっそり写ってたりしますが、こんな感じでやってました。ちなみに、この2日間はプリプロだったんですが、いつものプログラミングだけでなく、Katさんのブログに紹介されてますが「エンジニア」も勤めてしまいました(笑)。

文字通り、根岸さんと二人っきり! そんなんで出来ちゃう時代なのよねえ…。まあでも、基本的にはエンジニアではないので…すみません(笑)。

というわけでこんな時間に帰ってきておりますが、明日一番で車を引き取りにいく算段を講じなければならないので、もう寝ましゅ。しくしく。