2007年10月22日

F1GP最終戦終了、タイトル決定!!

こんなことがあるんだなあ…。
ライコネン初タイトル、おめでとう!!

日本GPあたりからの流れを鑑みると、やっぱF1は筋書きのないドラマですね。

ハミルトンは普通にレースできてたら問題無かったのにね。
飄々としているようでも、やっぱりかなりの重圧だったんですねえ。
まあ、この状況じゃあ誰だって堅くならない方がおかしいとは思うんだけど。

ハミルトン、意外とサバサバしてる。表彰式の途中の映像で笑みが見られたし。
大してアロンソは思いっきり仏頂面ですね(笑)。落胆が隠せないですね。

マッサは微妙な立場でもちゃんとチームプレイに徹して、終わった後もちゃんとにこやかにコメントしていて立派だなあ。感心しました。

というわけで、今年もシーズンが終わり、気分的にも今年は終了ってな気分です(笑)。

2007年10月 8日

今年はなんなんだろう・・

さっきニュースで知った。

ノリックこと阿部典史氏が、川崎市内の路上でUターンしていたトラック(禁止区間なので違法。マジで憎々しいなあ…)に衝突して亡くなった。

先月沼田選手も亡くなられたし、直接的には全く知らないけど、ちょっと前に菅生のレースで事故死した方もいる。コリン・マクレーもヘリコプターの事故で逝っちゃったし……なんか、今年って呪われてる?モタスポ関係ではないけど、他にも長島さんの奥様も、ホント突然だったし。

ノリックは、全日本で走っている頃から知ってるし、WGPの日本GPにスポット参戦した時とかも、とても速くて見ていてワクワクしたなあ。若くしてWGPにフル参戦した時も凄く嬉しかったし、もちろんいつも応援していた。

それほどいいマシンに恵まれたとは言えず、それでも何勝かしたのはやはり凄いと思っていた。時代が流れて乗るマシンが無くなり、日本に帰って来ちゃった年は、やはり凄く寂しい思いがしたものだ。

少し前にもモトGPの解説で声は聞いたばかりなのにな…。まるで実感無いですが。
謹んで哀悼の意を表します。今までありがとう。

にしても、さっきF1中国GPで面白いレースがあったばかりなのに……なんかズーンと気が重くなって晴れないし…。今年はもう、他に悪いことは起きて欲しくないけど……こういうことはなにげに連鎖的に起きてしまうことを、経験上知っちゃうほど歳をくっちゃってるのが、こういう時は疎ましく感じます。

まあ、とりあえず寝よう。

2007年10月 2日

F1日本GP 無事帰還しましたよ…

コンディション的には結構ギリに近かったと思うけど、悪天候の中決勝も無事に行われまして、波乱に満ちたレースを堪能した後に、結果がだいたい見えた(…っと思っての判断だったけど、実際は違ってた)と思えた終了時刻5分ほど前に席を立ってバス乗り場へ移動開始。通常のペースよりも幾分早めに歩き、30分弱ほどでバス乗り場へ到着。

そして修羅場は始まったっってか。

…っていったら大袈裟というか、一旦はそう思えたけど、結果的には1時間20分ほど待ってバスに乗れ、雨の渋滞で1時間20分程掛かって東富士Bへ戻れました。早めの対策が功を奏したかな。

お陰で、「こりゃ〜もう追いつかないだろう」と踏んでいたライコネンの追走&バトルや、ラストラップのクビサとマッサの戦いなども生では見れず、遙か彼方で映し出されているサーキットビジョンで、なんとなく確認出来るに留まりました。とくに、ボクらが陣取っていた13コーナーからが楽しそうだったので、それはちょっと口惜しいところかな。

横へそれましたが、駐車場へ戻ってくる人がうまいことばらけたからか、駐車位置の作戦がハマったこともあってスタックすることもなく(道がぬかるんでスタックする車が続出してた)すぐに外に出ることができ、10分少々ほどで裾野IC到着し東名へ。

東名はビックリするほどのガラガラな空き具合。悪天候で行楽帰りがいなかったことや、「そこどけそこどけF1サーカスが通る!」って宣伝が効いたのか、まあ、なにしろ1時間くらいで川崎ICを降りて、とあるファミレスにはPM8時頃には到着してしまいました。初めて今回のチケット&ライド方式が一部上手く働いたと思えた瞬間でしたね(笑)。ホント、ここだけは良かったです。まあ、最後の5分を犠牲にしたのも大きかったでしょうけど。

今回の富士は、なんとなく運営のまずさが観客のノリにも反応していたと思いましたね。みんな疲れてたからか、しょんぼりしてる感じで、ドライバーズパレードなどでも声援が少なかったりして、比較的反応が薄めでした。今までの鈴鹿がお祭り騒ぎ的に素晴らしい盛り上がりをみせるだけに、色んな事が重なってなんとも寂しい感じのグランプリでした。まあ、一番の敗因は雨でしょうかね…。コースはなかなか面白いだけに、雨さえなければ、もっと素晴らしいグランプリになっていたことでしょうね。

まあ、回を重ねる毎に段々と改善されていくんでしょうね。今回のことで、問題点や反省点は山ほど見つかったと思いますし。

富士スピードウェイでのF1グランプリが、早く心から楽しめるグランプリになることを切に願います。